DESIGN & CONSTRUCTION MANKEN

愛知県東海市から名古屋市の新築注文住宅・デザインリノベーション・リフォームのご相談は株式会社万建/サイエンスホーム東海店へ!

  • COMPANY リンクボタン

  • CONTACT リンクボタン

ブログ

  • HOME
  • >
  • ブログ
  • >
  • 夢散りて… ~W杯見聞録⑦~

ブログ

ブログ

ブログ

2018/07/06

夢散りて… ~W杯見聞録⑦~

こんにちは、万建ノムラDXです。

本当はブログを更新する日が来なければいいと思いつつ…

結構待っている方も多いと知りましたので、避けて通れないと思いつつ…

 

日本代表負けてしまいましたね。

優勝候補のベルギーをあそこまで追い詰めたのは大したものです。

 

『本気のベルギーがソコにいた…』

西野監督が敗戦のインタビューでポソッと呟かれたのが印象的でした。

 

知っている方も多いかと思いますが、今回の大会は『ベルギーの大会になる』と

予想する専門家も多くいるほど、ベルギー史上最強の布陣でW杯に挑んで

来ていると思われます。

FWのルカクMFアザールとデブライネは間違いなく世界トップクラスしかも

年齢的にも25~27歳でまさに脂の乗りっ切っている状態です。

 

パチンコで言うと、『7』『7』『7』の大当たり確実の状態でした。

↑ 一つ目の『7』アザール。

不意に狙ったミドルシュートがポストに直撃した時、

日本DF陣は一歩も動けませんでした。

 

↑ 二つ目の『7』のルカク

今大会すでに4得点しているノリノリ状態なのに、仕事をさせなかったのは

立派です。

 

↑ 三つ目の『7』のデルブイネ。

日本戦では目立っていなかったのですが、日本がうまくケアしていたので

研究しまくっていたんでしょうね。

 

 

その確変状態の、ベルギーから後半2点をもぎ取った日本代表は驚嘆に値します。

しかし、その2点でベルギーのギアが二つ三つ上がったような気がします。

 

今までゴール下に張り付いていたアザールが右に左に動き始めましたし

高さで日本を圧倒する為にフェライニも投入してきました。

 

徐々にずれるマーク。流れはベルギーに傾き始めます。

立て続けに失点して、2対2の同点になってしまいました。

 

そして、後半ロスタイム。

ベルギーの猛烈なカウンターは3点目を奪われます。

『悔しい以外出てこない。』

これは、日本代表DFの昌子選手の試合後のコメントでした。

 

余りにも突然に、

余りにも劇的に、

日本のワールドカップが終わってしまいました。

 

正直、ここまで来てくれると思わなかったので、日本代表には感謝して

おります。ゆっくりと休んで頂きたいものです。

 

ではでは…

 

メールでのお問い合わせはこちらから

Copyright (C) 株式会社 万建. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd アババイ.

pagetop

ページの先頭へ戻る